12月8日(日)

 この週末に同好会が予定していた伊東での観測は、もともと私も怪鳥さんも予定が詰まっていたことと、なによりもアイソン彗星の様子が変わってしまったことで同行しなかった。そのかわり、土曜日の夜遅くに帰宅した怪鳥さんと富士山麓へ出かけた。
 ところが、天候が悪く星がおぼろにしか見えないので、あきらめて帰宅。アイソン彗星の残骸はどうなったのでしょう。(中野氏によると「スペインのゴンザレスは、12月7.26日UTにこの彗星の残りかすを捕らえました。光度は7.2等、視直径は10'」とのこと)

 昼に睡眠を取ったあと、夕方から府中で行われる さだまさしのコンサートに出かける。このツアーの最終日だったから、感想を具体的に書いちゃうと(ツアー途中だとネタバレになっちゃうからね)今年リリースされた『天晴~オールタイム・ベスト~』からの歌が多かったので、聞き馴染みの多い穏やかなコンサートだった。トークは楽しいマネージャーの話や、伊勢神宮式年遷宮の臨時出仕をした体験などで盛り上がった。そして後半の話題は、現在の日本政治の動向を鑑みる深い内容だった。歌も『あと1マイル』『遙かなるクリスマス』など深く深く考えさせられるテーマだった。

 NHK大河ドラマ『八重の桜』も、次で最終回。今日の放送で山本覚馬の言葉が心に響いた。
「教育の名の下に人を縛るようなことがあってはなんねえ」「その剣を打ち変えて鍬となし その槍を打ち変えて鎌となし 国は国に向かいて剣を上げず 二度と再び 二度と再び戦う事を学ばない」
 明治維新からの揺り戻しがその時代なら、第二次世界大戦終戦からの揺り戻しが来ないよう、いま耐えなくては。安倍政権による戦前化に強くあらがう、72年前に太平洋戦争が始まった夜。

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0129 sec.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31