2014年2月13日(木)

 今日の五輪TV観戦は、深夜をすぎてから忙しかった(笑)。
スピードスケート女子1000メートルの小平選手(同郷出身)の滑りを見てから、すぐにカーリング女子の日本vsアメリカ戦を応援。同時刻にフィギュ男子SPも始まったけど、日本勢は後半だからそれまではサブ画面でチェック。その小さな画面で、ロシアのプルシェンコ選手が棄権していてびっくりした。

 カーリングはインフルエンザだった小野寺選手が復帰したけど、日本勢のミスが響きもうひとつ波に乗れないまま負けてしまった。アメリカには勝っておきたかった。

 そんな鬱積した気持ちを晴らしてくれたのが、羽生結弦選手でした! もう見事な演技でほれぼれしながら見ていた。得点も期待通りの男子SP史上初の100点超えをたたき出し、思わず未明に大きな拍手をした。演技後のインタビュー「まだまだ完璧じゃない」という言葉に、いったいどこまで上を目指すのか~と感心するばかり。

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3459 sec.
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28