2014年6月25日(水)

 日本の「サッカーW杯ブラジル大会」が終わった。
コロンビア相手に1-4という惨敗の結末は、後半の選手交代をみれば当然の結果だった。
シュートの決定力がなく、他の選手とのコミュニケーション不足の大久保選手を下げるべき。
キッカーとして遠藤選手は必要だった。セットプレーの位置に本田選手ばかりじゃ相手も楽。
どんどんつまらなくなっていく選手交代にしたがって、どんどん失点していった。

 そして何より、この大会の日本代表の2敗1分け(それも10人相手に)という成績は、4年間の積み上げと関係ない選手をスタメンに使ったり、やったことのない姑息な作戦をとったりした結果であり、そんな選手選択や作戦選択をした監督にがっかりした。

 本番直前まで日本代表チームがコツコツと積み上げてきた「戦術の鍛錬」や「選手間のコミュニケーション」を、あっさり捨てたことが本当に残念だ。なによりも選手本人たちは、悔しくて悔しくて仕方ないだろう。
試合の前も後も、内田選手の言葉がいちばんわかりやすかった。彼らがどれほど、「本番で自分たちのサッカー」を試したかったことか。

 といいつつ、すでにギリシャ戦が終わったところで、私の興味は日本チームと関係なく「Wカップ」を楽しむことに変わっていたんだけどね。

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.6607 sec.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30