2015年9月18日(金)

 未明に原稿を納品してから寝る。
そのせいなのか、あるいは曇り空のせいなのか、とにかく一日中眠かった。
(実際、少し活動すると度々寝てしまった)

 でもたぶん、心の奥には安全保障関連法が重くのしかかっているからだろう。
ここ数カ月ずっと気が重かったが、今日は本当に辛く、悔しく、悲しい。

 こんな日が来ることは、現首相が決まったときから(それは第一次のときから)恐れていたが、実際にもう日本の「戦争の放棄」はなくなってしまった。彼の“富国強兵”は、長州軍の時代と変わらないようだ。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


もう明日からは、「戦前」です。

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.6661 sec.
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30