2月15日(金)

 ロシアに隕石が落下して、多数のケガ人がでたという。びっくり!
夕方のニュースでは、明るい火球が通過して、痕をひいていくのが映っていた。
怪鳥さんも、上司の学芸員も、電話出演して解説をした。

 明日の未明には小惑星の接近もあるし、天文界的には大騒動だろう。
今後、(天文的)情報が集まったら、いろいろな研究がされるだろう。

1月22日(火)

 ここ数日気にしていた諏訪湖の御神渡りが正式に確認された。
拝観式はこれからだけど、やっぱり諏訪の風物詩がちゃんと行われるのは嬉しい!

 お義父さんの介護ヘルパーが今日からスタートした。
入浴などやってもらえると、お義母さんも助かるね。
 まだ本人の義父も家族の私たちも不慣れだったけど、ヘルパーさんからいろいろアドバイスをもらえて良かった。
このまま順調にサービスを受けて、お義父さんも少しでも快適に過ごせたらいいな。

1月21日(月)

 完璧に風邪ひいた……(++!)
怪鳥さんのがうつったな。

 耳鼻科で診察を受けたら、鼻はもちろん、喉も耳も不良だった。
微熱で頭もぼんやりして、まったく冴えない。
これはしばらく、おとなしく療養するしかないな。

1月15日(火)

 ケアマネージャーさんの来訪日だったので、訪問介護の事を相談した。
まずは、入浴のケアからしてもらうことになった。本人は嫌がったけど、今の状態では家族だけで入浴手伝いは続けられないからね。なんとか、慣れてくださいね。

1月14日(祝)

 関東の大雪。「成人の日」には、ときどきこんな大雪が降る。
怪鳥さんは出勤だったけど、帰宅ルートの電車が不通になったので、都心をまわって帰ってきた。おつかれさま。

 こんな雪の夜はアンニュイね。甘酒飲んであったまろっ。

1月12日(土)

130112


 怪鳥さんは「かわさき宙と緑の科学館」で星を見る夕べ
晴れてるから、いっぱい星が見えてるだろうな☆

 私は諏訪で買ってきたおみやげのチョコレート「信州 星空のムコウ」を食べて、ぬくぬく♪

1月11日(金)

 鏡開き。
いまどきは、プラスチックケースの裏蓋シールをはがせばお餅が出てくるので、なんとも簡単。
(ある意味、まさに“開き”なんだけどネ)

 昔は、カビの付いたお餅を棒でたたいたりして、小さくするのが大変だった。
縁起物だから包丁で切っちゃダメ、って言われたけど、でも現実的にはどうしても大きなかたまりは切り分けちゃった。
 お汁粉はちょっと甘すぎたけど、お餅は香ばしくておいしかった。

 FC東京の選手たちの移籍がいろいろ発表されて、驚いたり寂しかったり。

1月10日(木)

 寝室を真冬バージョンに衣替え。
羽布団をもう1枚出して、かなり暖かくなりました。

 諏訪は今年かなり寒かったから、御神渡りが期待できるかな。

1月9日(水)

 怪鳥さんはお休みだったけど、一日中寝ていた。かなり疲れていたんだね。

 そのあいだ私はかなり仕事がはかどって良かったけどネ。
本日も集中して原稿を仕上げた。ふう。

1月8日(火)

 一生懸命に書いた原稿だったけど、なかなか先方の思うようにまとめられなくて、ちょっと落ち込んだり。
なかなか難しいものです……。

 連日の晴天で洗濯物はよくかわくけど、乾燥が続いて風邪に注意です。

1月7日(月)

怪鳥さんはお休みだけど、あれこれ予定があって夜まで忙しそうでした。

私は締め切りの迫った原稿を1本仕上げる。まだ、2本あります。がんばろう!

ほかにも久しぶりにいただいた仕事などあり、さあピッチを上げていこう。

1月6日(日)

 怪鳥さんは今日から仕事始め。いってらっしゃい!

 観測旅行や諏訪で着替えたものなど、洗濯をしまくる。
さらに、いろいろ片付けたりと、雑務に追われる。

 たまったメールをチェックして、私は明日から本格的な仕事始めにしようかな。

1月5日(土)

 諏訪大社に初詣に行く。巳年は金運の年だというので、妹と2人でその御守りを買った。
おみくじは2人とも良い内容だったので、ありがたく持ち帰る。

 いつもお正月に訪問する亡き友人の家を訪ねたが、おばさんはお疲れで横になっていたので、今年は玄関でのご挨拶だけ。昨年はたびたび入院したらしく、お体が心配です。どうぞお元気で。

 時間が余ったので、買い物に周る。といっても、ほとんど府中で買いたくて見つからなかった物を諏訪で探して買いまくる。
なんか、今年は買い物をしに諏訪へ来たみたい(笑)

 夕飯を妹と食べて、夜に府中へ帰宅。

1月4日(金)

 諏訪の朝は氷点下で寒い~!
昼過ぎから妹と買い物に出かけると、富士山がとってもきれいだった。もちろん八ケ岳も雪で真っ白。遠くには北アルプスの山並みがはっきり見えて、さらにその先には鋭くとがった三角も。もしかしたら、あれは槍ヶ岳! 空気が澄んでるねぇ~。

 でも、ニュースではあちこちの冬山で遭難者がでて、捜索が続いているという。
毎冬のことだけど、それでもやっぱり冬山の遭難には気が重くなる。

 買い物帰りに、神長官守矢史料館を訪ねる。
今までずっと気になっていたけど、なかなか行く機会がなくてやっと入ってみた。
諏訪大社の建御名方命と、諏訪の先住民族の長であった洩矢神の関わりなど興味深かった。
それにしても「ミシャグチ神」はとても神秘的で不思議な神だ。

1月3日(木)

 怪鳥さんは、しぶんぎ座流星群の観測で、例年通りFASメンバーと伊東へ出かけた。
今年はゲスト(入会希望者?)も参加して、さらに年始挨拶の門っちも来て、ちょっとにぎやかな出発です。

 怪鳥さんが観測道具など持って出かけて荷物が減ったので、見送りのあと遅まきながら部屋のお掃除。
さらに、1本原稿を仕上げて、確認メールを投げ込んでから、諏訪へ行く準備に取りかかる。

 結局、府中を出るのは夕方になってしまい、夜7時ころ諏訪に到着。
途中、笹子トンネルが対面交通でやや交通集中していたけど、覚悟していたよりスムーズだった。
アナウンスやカーラジオで「脇見をしないように」と何度も注意が流れていて、そのことにかなり神経を使って疲れた。
トンネル内は天井板がはずされファンが付けてあったけど、やっぱり壁はひどく汚れているところがあるし、水がたくさんしたたっているところがある。あたらめて、怖いねぇ。

 夕飯は、妹と鍋をたっぶりたべて、チューハイをたっぷり飲んで(笑)。楽しい再会です。

1月2日(水)

 今年も関東のお正月は、天気が良いです。
箱根駅伝など見ながら、のんびりと年賀状の宛名&メッセージ書きを仕上げる。

 夕方、郵便局へ行ったら、夕暮れの空がきれいだった。
そのとき、思いつきで怪鳥さんがカーオーディオのイジェクトボタンを押したら……動いた!
急いでディスクを出して、ツタヤに返却。ほっ。
でも、しばらくしてからもう一度ボタンを押したら、もう動かなかった。
あー、やっぱり修理は必要か……。

1月1日(火)

 あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって、良い年でありますように。

 義妹一家がきて、家族そろって新年のご挨拶&お節。
すがすがしい空の初春です。

12月17日(月)

 お義父さんの受診日で、いろいろ相談した。
夜に寝られるように薬を処方してもらったり、訪問介護を使うことなどをアドバイスしてもらう。
ちょっとお義母さんは抵抗あるみたいだけど、そうも言ってられないからね。
いろいろ手続きしていきましょうか。

12月16日(日)

 衆議院選挙(及び最高裁判所裁判官国民審査)、東京都知事選挙が行われた。

 自民党のあまりの議席数の多さに、あらためてこれからの日本が不安になる……。
なんといっても総裁が彼であることが、右傾化をうながすだろう。
日本が“戦前”にならないことを願うばかり。

 そんな脱力感(最近、がっかりすると激しく疲れるわ)をせめて、コリンチャンスのサポーターの元気や、ハマカーンの笑いで少しでもまぎらせよ。

12月12日(水)

 麻布十番で仕事を終えた怪鳥さんが、浪花家総本店のたいやきを買ってきてくれた♪
冷めないように懐に入れて帰ってきたので、さっそくお茶を入れていただく。
香ばしくて、あんこが甘くて、美味しかった! ありがとうー。

 国立天文台のふたご座流星群のキャンペーンが始まった。
府中の空もバッチリ晴れてるので、怪鳥さんは久しぶりにビデオ撮影を始めた。
……ら、さっそくベランダに出たところで群流星を見たと言って、ビデオにもしっかり写っていた(動画があります)★

 FAS府中天文同好会では、明日みんなで観測に行く予定。 

12月11日(火)

 インド講座で「ヒンズー教」について学ぶ。
仏教との関係など、とても興味深かった。

 夕方から、先週発売されたばかりのホームスターearth theater (アースシアター)の取材に行く。
詳しくは、次号の『星ナビ』をお楽しみに!(ちょっと宣伝でした)

12月10日(月)

 日本海側では吹雪になっているが、関東は晴れが続いて、いかにも冬らしい気候。
夕焼けが美してく、ベランダに出たら、富士山の南の裾に真っ赤になって沈んでいった。

 お義母さんは手芸教室で、門松の木目込みを作ってきた。
お正月が近づいている。あー、年賀状の準備をしなきゃ。

12月9日(日)

 今週末にさまざまな原稿締め切りがやってきて忙しいので、前倒しで執筆。
12月はただでさえ忙しいのに、さらにイレギュラーな原稿がいろいろある。
仕事があるのは嬉しいことだけど、慌ただしさがつのります。

12月8日(土)

121208

 怪鳥さんは星空観望会に行った。

 私は、お義母さんが舞踊の忘年会で留守をするので、お父さんの夕飯の世話をしなくてはいけない。
ちょっと時間がかかったけど、なんとかカレーをシッカリ食べて、薬を飲んでくれたのでひと安心。

 お母さんの送迎をした後、もどってきた怪鳥さんと門っちと三人で食事に出かけた。
門っちに「豊郷小学校」のことを話したり、お土産を渡したり。

12月7日(金)

 今年も大学入学案内誌の仕事が始まった。
今日、取材した教授はとても積極的に話してくれる方で、内容も興味深いテーマだったので面白かった。

 夕方、久しぶりに強い地震で長く揺れた。途中から船酔いみたいな感じになり、「自分が揺れてるの? 地面が揺れてるの?」とわからなくなるくらいだった。
 震源は三陸沖の浅いところで、津波の到達した場所もあった。NHKは東日本大震災の教訓により改善した「強い口調で避難の呼び掛け」を行い、海が近くないこちらでも緊張感が伝わってきた。

12月2日(日)

 中央道のトンネル崩壊事故、よく通る笹子トンネルだったからびっくりした。
実は先日、知人と高速道路の運転話になり「トンネルって眠くなるよね」「古いトンネルは暗いから、よけい眠気を誘う」「私がよく通る笹子トンネルが古くて暗いんだよ」って話したばかりだったから、ちょっと「うわぁ、やっぱり」て気持ちになった。
 お正月も帰省しようと思ってるけど、どうなるんだろ。事故の早い救命と究明を願います。

11月19日(月)

 お義父さんの受診日。先日の転倒や、ベッドに変えたことを報告。
それにしても、せっかくベッドにしたけど前向きに乗ってしまうんだよね。だから、横になりにくいf(--;
これには参った。まさか、ベッドに向かって直進するとは思わなかった。でも、けっこうそういう人はいるらしい。
しばらく、いろいろ挑戦してみましょうか。なにか良い方法が見つかるといいね。

11月15日(木)

 お義父さんは今まで布団で寝起きしていたが、だんだん動作が難しくなったのにベッドに帰ることにした。
とりあえずいまは寝起きさえできればいいので、複雑な操作のないシンプルなものを借りることにした。
これで少しは楽になるかな。

11月14日(水)

121114

 オーストラリアでの皆既日食、インターネット中継であちこちの地点から見せてもらいました(中継の方、ありがとう)。予想されたように雲が多くて、きっとそれぞれの現地ではハラハラしたことでしょう(画面のこちら側でも、ドキドキしたからネ)

 場所によっては雲にじゃまされつつのようでしたが、久しぶりのダイヤンドリングやコロナが美しく見えました!
遠征したあの方やこの人など、みなさんどうでしたか?


 日本では、近所でタイヤモンド富士が見えました(^^)

11月7日(水)

 晴れて気温も上がり、さわやかな一日(^^)
夕暮れも、オレンジ(橙)色とラピスラズリ(群青)色がきれい。

 昼からは、アメリカの大統領選の開票結果が次々に報道され興味深かった。
最終的にオバマ米大統領選が再選確実になり、しばらく平和が続きそうです。

 一方、日本では「新設大学の問題」は一転して認可になった。
きっと、裏では経営者と地方官僚と政治家達のドロドロした関係があるのでしょう。
でも、開校前から経営的問題をかかえた大学で大丈夫なの?(あ、作っちゃえばもういいのか、関係者達は)
学生にとって良き学びとなることを願うばかり。(あ、入っちゃえばいいのか、親も本人も)

 それにしても、文科相の憎まれ口を真に受けて立腹する人がいるけど、そんなことより「安易な大学新設」や「教育と政治の癒着」の方に、我々市民は関心を払うべきだ。知人たちのネットコメントでは文科相の発言にイラついてる人が多いけどそんな表面的なことより、もっと悪質なモノが教育を貪って(むさぼって)いることに気がつくべきでは。彼女は今回、“日本の教育のため”に事を荒立てたと思うのに。

11月6日(火)

 怪鳥さんは職場で「木星の観測」があり朝までがんばっていた。
そんなわけで私が、深夜2時過ぎから晴れた空に向けて「流星観測カメラ」をセットしてあげた。

 下弦の月が昇ってきた空には、木星やオリオン座など明るい星がにぎやかに光っている☆

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4535 sec.
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30