7月9日(月)

 今月からお義父さんの受診日が月曜になった。
ちょっと慌ただしいんだけど、担当医は変えたくないので仕方ないね。

 とはいえ、激混みで受診が終わったのは2時間も後だった。ふぅ~

7月5日(木)

 調布経済新聞の取材で、今日から始まった「子どもたちの心の音-被災地陸前高田・石巻より-」を見に行った。

 子どもたちの「書」からは、津波の恐さや、家族・友人を亡くした悲しみ、そして(家でも学校でも同じ境遇の人たちばかりだから)それを誰に言えずに胸にしまい込んでいた気持ちが、紙面にあふれ出ていた。

 震災後ずっと支援活動を続けている矢野きよ実さんから、子どもたちがどんな表情で書いていたか聞いたら、涙が出るほど切なかった。子どもたちは「いろいろ悲しいけど、いちばん辛いのは震災(自分たちのことを)を“忘れられてしまう”こと」だという。「お金も物もなくても我慢できるから、ずっと覚えていてほしい」。

 そして、もっと心か締め付けられたのが「みんなに伝えたいのは『元気で生きていてほしい』こと。それがとても大切なことだと、よくわかったから」という言葉。

 ぜひ、一人でも多くの人がギャラリーに足を運び、実際に彼らの書を見てください。入場料も寄付されます。

7月4日(水)

120704

 今日は怪鳥さんも休みなのでゆっくり出かける。
 『さだまつり~40周年記念コンサートツアー~』の二日目「後夜祭」は、予告通り歌がたっぷり。
 第2部では「きだまきしとTake It All JAPAN~テキトー・ジャパン~」のライブもあって楽しかった。(昨日は歌もトークも“その日の気分”だそうで、きっと各会場で違うことでしょう)

 3部まで終わってラストに、天井からカラフルな風船がたくさん舞い落ちてきました。私の席は2階の奥で風船には手が届かなかったけど、友人がたくさん拾ってわけてくれました。
 ありがとう。よい思い出になります。

7月3日(火)

120703

 怪鳥さんと夕方から「さだまさしコンサート」に行くため、職場であるかわさき宙(そら)と緑の科学館を訪ねる。
 7月のプラネタリウム番組は「七夕の星めぐり~ロングディスタンスコール~」で地球から織姫星・彦星(と夏の大三角を形づくるはくちょう座のデネブ)を見たあと、宇宙へ飛び出しそれぞれの星へいく。最後は銀河系(天の川)を見る……という趣向。なかなかスペクタクルでした。
 (写真はロビーに展示されている旧プラネタリウム機。操作パネルが設置されて、自分で実際に日周軸などを動かすことができます)

 それから、急いで東京国際フォーラムへ向かう。
『さだまつり~40周年記念コンサートツアー~』として、2日連続のライブを行うのだ。
しかも、1日目は「前夜祭」、2日目は「後夜祭」と別々の内容。

 楽しみにした本日は、「しゃべるDAY」ということで、とにかくトーク中心。懐かしい大ネタなどたっぷり聞きました。
 明日は「歌うDAY」だというから、まだ買ってなかったさだまさしのニューアルバム『もう来る頃…』と、きだまきしとTake It All JAPAN~テキトー・ジャパン~ の『大変なンすからもォ。』を購入して予習しておかなくちゃ(笑)

7月2日(月)

 UEFA EURO(サッカー欧州選手権)はスペインが優勝した。
終わってみれば、スペインの強さがきわだった大会だった気がする。
だから決勝は、できればスペインvsドイツの試合を見たかったな。

 とはいえ、スカパーさんから「加入10年の特別サービス」としてWOWOWを一カ月無料で見せてもらったから、地上派放送のないゲームもたっぷり楽しめ良かった;-)

 サッカー五輪男女代表が決まった。
FC東京からはキーパーの権田選手はもちろん、オーバーエイジの徳永選手が選ばれた。
個人的には米本選手を応援したけど、バックアップメンバー止まりだった。
ま、それでも彼にとっては貴重な経験になるでしょう。

7月1日(日)

 「8時59分60秒」で、3年ぶりのうるう秒。
6月の新聞で「うるう秒」の連絡コラムを読んだけどこんなに話題になるのは、コンピューター制御が増えたり、ネット障害が問題になったりするからで、今後はいっそう廃止論が進むのかしら。そんなこともあって、小金井の情報通信研究機構のデジタル表示時計を見に行く人の多さも話題に。

 大飯原発が再稼働した。たった1年4か月前の悲しい教訓が、もう大したことではないように経済優先で進める政治家に怒りを感じる。自分はまだ署名活動(みんなで決めよう「原発」国民投票の署名受任者)くらいしかできていないが、彼らのような具体的な行動を応援したい。

「さようなら原発1000万人 アクション」

6月30日(土)

 蒸し暑い一日だった。
でも、本日いちばん暑かったのは、北海道らしい。

 親戚から八街のスイカが届いた。
それを見た怪鳥さんは「明日から涼しくなるのか……」とつぶやいた。
彼いわく、わが家にスイカがあるときは暑くならないんだってさ。

6月25日(月)

120625

 ちょっと肌寒い一日。4月下旬なみの気温だそうで、まさ“梅雨寒(つゆざむ)”だね。

 水栽培で育てていたドラセナ・コンシンネを、鉢に植えてあげた。
以前、義母にわけてもらったんだけど、もともとは義妹がお祝いでもらったそうだ。
すでに義妹の家では枯れてしまい、義母がパート先の人に分けてあげたものも枯れてしまったらしい。
 義母が一人で、せっせと増やしてくれている。
私もいろいろもらったけど、けっこう枯らしてしまった(^^;

 今度は大きくなるまでちゃんと育ててあげよ。

6月22日(金)

 2カ月くらい前から痛かった甲のでき物を診てもらいに整形外科へ行く。
レントゲンを撮って診断してもらったらけど、とりあえず危険な状態は何もなく、ガングリオンでもない。
まずは炎症剤を飲んで様子を見ることになりました。
 昨日の焼き肉屋さんで正座したから、炎症が進んじゃったかな。
気になり出すと、もう足全体が痛い気がしてくるのよねん……。

 買い物をしたり、銀行へ行ったり、図書館へ行ったり、いろいろ所用を片付けて回った。

6月21日(木)

 休暇中の怪鳥さんに同僚さんから「夕飯で焼き肉を食べる予定だけど一緒にどうですか」と電話でお誘いをいただいた。ちょうど夕方から買い物に行こうと思っていたので、二人で参加することにした。

 職場に出入りしている業者さんといっしょに、プラネタリウムのことや天文の話などいろいろ楽しかった。
炭焼のホルモンも美味しかったです。

6月20日(水)

 結局、怪鳥さんは深夜0時に帰ってきました。
10時すぎには新宿駅を出たんだけど、やはり順調には進まず走ったり止まったりを繰り返してやっと府中駅に着きました。車で迎えに行ってあげたら、けやき並木のあちこちで葉っぱの着いた大きな枝が落ちていて大変でした。

 本日は二人ともおとなしく家で原稿書きなどしていたけど、天候不順のせいか怪鳥さんはかなり不調のようでした。

6月19日(火)

 台風4号が夕方に、紀伊半島へ上陸した。
6月に台風が上陸するのは、2004年以来の8年ぶりとのこと。

 2004年の6月といえば「金星の日面経過」があって、やっぱり「UEFA EURO」を見ていた。“たまたま”なんだけど、自分の日記を見直したら今年と似たような行動していて、我ながらちょっと笑った。
 2004年の6月後半はポン・ウィネッケ流星群(6月のうしかい座流星群)の観測に行っていて、怪鳥さんが「自分で計算した流星出現を自分で検証した」最初のころ。
あれから、ずいぶんいろいろ流星計算して出現観測したね。

 さて、関東もだんだん風雨が強くなってきました。
被害がでないことを願います。

6月13日(水)

 2年前の今日、探査機「はやぶさ」が地球に帰ってきた。
そこで、6月13日が「はやぶさの日」として日本記念日協会に認定されたという。
 怪鳥さんは2年前の今日、実際にその勇姿をオーストラリアで観測してきました。
そのときの動画はこちら

 夕方から怪鳥さんと買い物に出かけたが、いまいち満足のいかない結果で不完全燃焼。
夜もなんだかぼんやりしているうちに寝てしまった。うーむ、6月に入ってから、全然さえない。

 UEFA EURO 2012の「デンマークvsポルトガル」を見ながら夜食を食べる。
クリスティアーノ・ロナウドは冴えないままだったけど、2-3でポルトガルがなんとか勝った。
 夜食のカレーが辛すぎたのかな、お腹が痛いまま就寝。

6月11日(月)

 怪鳥さんは国立天文台のゼミへ出かけた。

 今度の日曜日に放送されるNHKスペシャル『宇宙の渚』第3集は、いよいよ流星です。
それに関連して、『宇宙の渚』のスピンオフ番組「"幻の流星群"を追って」が制作されたんだって。
(初回放送は終わってるけど、ときどき再放送がある)
 "幻の流星群"とはジャコビニ流星群のことで、昨秋にウズベキスタンで観測した流星群です。

 ミニ番組の中では、怪鳥さんの計算結果も登場します。
本人いわく「計算のズレの原因が分かったから、ちょっと悔しい」らしい。

6月10日(日)

 今日は暦の上で「入梅」。
太陽が黄経80度の点を通過する日、と決まっている。

 実際、関東では昨日から梅雨入りした。
平均よりちょっと遅い梅雨入りらしい。

 そういえば、庭の紫陽花も色づいてきた。

6月8日(金)

404 File Not Found

 お義父さんの受診日。このごろはカラオケも歌わなくなったし、「うるさい」以外の言葉をあまり発しなくなった。うーん、やっぱり言語野の機能が落ちてきたかな。傾眠も出てきたので、薬を少し変えることにした。

 写真は、金星日面通過の観測後に「道の駅 志野・織部」で買った香りロウソク。志野焼(風)の猪口に入っています;-)

6月7日(木)

120607

 昼間でゆっくり寝て(笑)、午後から八ヶ岳総合博物館へ行く。
怪鳥さんが館長さんと縁があって挨拶を兼ねて来訪。

 特別展の「諏訪の災害」を見学する。
阿久尻遺跡の地割れとか、昭和初期の雹害など興味深かった。もちろん、茅野の川や諏訪湖の氾濫は各時代にある。
関東大震災を取材したアララギ派の島木赤彦の活動や、戦時中の「昭和東南海地震」など貴重な展示もあった。

 仕事帰りの妹と合流して、夕飯の買い物などして3人で帰宅。ご飯を一緒に食べてから、私は一寝入りして、深夜に府中へ帰った。

 なかなか楽しい遠征でした。

6月6日(水)

120606

 朝6時の諏訪は曇。マックで朝食を食べながら天気予報をチェックして、中央道を名古屋方面へ行くことにした。

 目星をつけた駒ヶ根サービスエリアに寄ったら、やはり望遠鏡を出している人たちがいた:o
雲も薄くなってきたし、「金星の日面経過」の第一接触の時間も近づいたのでここで観測することにした。
もともと簡易的な観測機器(望遠鏡とカメラ)だったので手早く組み立てると、すぐに太陽を見る。若干の雲が往来したが、第一接触から第二接触まで観測成功! 白い太陽面に黒い金星がボチッと見える。
 感激だね~、8年前は雲と格闘して一瞬しか見られなかったからね。

 その後、雲が多くになり見られない時間が増えてきた。もう少し南の方が晴れていそうだなので、中央道をさらに走って移動することに決めた。恵那山トンネルを越えたら……青空!
 恵那峡サービスエリアに入ったら、日食メガネで太陽を見ている人や、望遠鏡を通行人に見せてあげているグループがいた。「うん、ここで観測しよう」と準備開始。日に焼けるくらいの晴天で、順調に中央経過も撮影した。
途中でいろいろな人たちが関心を示したので「どうぞご覧ください」と言ってあげると、うれしそうに見て喜んでくれた。

 昼12時過ぎたころからここにも雲が増えて心配になったので、さらに南下を決める。中央道を走り、結局土岐インターで降りた。道の駅があったので、急いで機材を組み立てる。ときどきはぐれ雲が来てハラハラしたけど、無事に第3接触と第4接触を撮影

 観測成功、おつかれさまー!

 落ちついてから観測場所だった「道の駅 志野・織部」をゆっくり見物する。さすが、焼き物の町・土岐市。道の駅の周りは「織部ヒルズ」という土岐美濃焼卸商業団地になっていて、ギャラリー&ショップがいっぱいあった。
 夜は、諏訪でゆっくり妹に写真を見せたりしておしゃべり。

6月5日(火)

 明日の金星の日面経過を楽しみにしているんだけど、どうも関東の天候が良くない。
「こんなときは諏訪に行って様子を見よう」、と二人で打ち合わせていたので怪鳥さんは早く帰宅した。

 やっぱり府中にいても見られる可能性がかなり低い、ということで深夜に諏訪へ移動開始。
先日買った、中島みゆきのDVD『夜会 金環蝕』を見ながら(ドライバーは聞きながら)高速道を走る。

 明日、見られるかな……ドキドキ。

6月4日(月)

120604

 国立天文台のゼミに参加した怪鳥さんを迎えに行って、そのまま二人で部分月食の観測に出かけた。
……といっても、どこも曇なので「少しでも雲の薄いところへ」と狭山湖へ行く。
いろいろ迷ったけど、ダムの通路の上に行ったら、同じようにカメラを構えた人たちがいた。

 ときどき、うっすらと「欠けてる……かな?」という感じもしたけど、はっきりしなかった。
月食好きの怪鳥さんは残念そうだったけど、まあ仕方ないね。

5月31日(木)

 江戸文化の講座で、上野の寛永寺の歴史を学ぶ。

 江戸時代の古地図と現在の地図、そして江戸名所図絵を見比べながら、どこにどんな建物があったか確認していく。現在の上野公園も動物園も博物館も、みーんな寛永寺の敷地。さすが、徳川将軍家の祈祷所であり菩提寺。

5月30日(水)

 怪鳥さんから昨日の日食委員会でメンバー皆さんの様子を聞く。
それぞれ天気に苦労しながらも、ほとんどの人が金環を見られたようで良かったね。
でも一人だけ不運なことに、「富士山頂からの日食」中継にかりだされて、五合目で雲に包まれていたらしい。
うーん、やっぱり思ったとおり、山頂でも雲の上にはならないのよね~。天文同好会メンバーも、この時季の富士山は冬山なのに大丈夫?って心配したけど、案の定、悪天候で下山に苦労した人たちもいた。

 AFCチャンピオンズリーグ「広州恒大FC vs F東京」は、権田GKの悔しさとともに幕を閉じた。天皇杯奪取をめざすときからスタートした「世界への挑戦」は、ベスト16で終わった。
 すごく残念で悔しいけど、でも東京サポとして国際試合はけっこう楽しいこともあった。ありがとう、選手のみんな。

5月29日(火)

 真夜中過ぎの地震、久しぶりにちょっと緊張した。
「このまま大きく揺れるのかな」と身構えたところで、それ以上強くならなかったのでひと安心。
 でも、今回揺れたプレート、いわゆる関東大震災になる部分だよね。
常に、警戒心を忘れないように心構えをもっていよう。

 昨日から上空の寒気が強くて、天気が不安定な状態。
昨日は午後からの雨だったけど、今日は夕方から降り出した。
というわけで、金環日食日本委員会の会合に出た怪鳥さんを駅までお迎えに行く。委員会、おつかれさま。

5月28日(月)

 ゼミに出席する怪鳥さんを国立天文台まで車で送る。家を出る前に「竜巻注意報」が出ていたので空模様に気をつけよう、と思いつつクリーニングを出したり買い物をしていたら、北の空に黒い雲。と、同時に携帯に登録しておいた『豪雨情報』メールが着信した。
 急いで帰宅して窓ガラスなどのチェックをしているうちに、ほぼ予報通りに雷が鳴り激しい雨が降りだした。

 去年のカレンダーの星野写真がきれいなので、写真部分を切り取って封筒を作ってみた。友人出すには、充分使えるんじゃないかな。もくもくと12枚作っていると、だんだん夢中になってしまう。

5月27日(日)

 今月の『むぎ星』編集は、もちろん金環日食の写真や記事がいっぱい。……なんだけど、意外にそれ以外の記事もけっこうあります。

 夜、別の天文同好会メンバーがやってきて、いっしょにF-1モナコグランプリを観戦した。
今年は地上波TVで放送していないので、今シーズンは初観戦。久しぶりに見たら、けっこう淡々としてた。ついでに、レース内容も淡々としてた。雨が降ったら、一波乱おきたかな。

5月26日(土)

 怪鳥さんはかわさき宙(そら)と緑の科学館で「星を見る夕べ」があり遅くまで勤務。

 私はひとりで味スタへ行く。今日の相手は、浦和レッズです。
昨年末の天皇杯で久しぶりに勝ち、ようやく「2004年ナビスコカップ」の呪縛がとけた感じ(笑)。

 試合はかなり緊張感が続いたけど、終了間際にゴールを奪われてしまった。ヤバイ!と思ったけど、すかさず森重選手がゴールして追いついてくれた。さらに追加点を!と思ったそのとき、大ピンチで失点したかと思った(++!)
 結局1-1の引き分けだったけど、気分的には勝ったムードで、あちらのスタンドは負けたかのような雰囲気だった。

 入場者も多くてヒートアップしたけど、吉田寿光主審の冷静なレフリングのおかげで良い試合になった。
選手とサポーターと審判団、すべてが素晴らしい役割をすると、素晴らしいゲームが生まれる。

5月25日(金)

 先日取材した電通大のロボメカ工房の記事が掲載された。実は、取材内容が本部の意向により急に変わってしまい、いろいろ大変だったのだ。でも、なんとか掲載にたどりつけて良かった。

 そして、ロボメカ工房のみなさん、「NHK大学ロボコン大会」はもちろん、ほかの大会でも優秀な成績を上げられるようがんばってくださいね!

5月24日(木)

 義母と網戸の貼りかえ作業をした。
私自身は初めてだったけど、かなりうまくいったぞ!
気をよくして、予定外の場所の網戸も貼りかえちゃおっ。
 夢中になってやってたら、父がデイサービスから帰ってくる時間も気付かなかったわ(笑)。

 夜はゴーシュの会に行く。
今月から『文語詩稿』に入り、〔いたつきてゆめみなやみし〕「五輪峠」「流氷」を読む。「流氷」は文語詩でも読みやすく、描き出された情景がとても美しく、気持ちのいい詩だった。

5月23日(水)

 怪鳥さんが「2カ月先のスカイツリーのチケットがとれるよ」と言って、2枚購入してくれた。
おぉ、ホントだ、その日は仕事が休館日じゃん。じゃ、楽しみにしよっ。

 サッカー日本代表アゼルバイジャン戦をTV観戦。ベンチにはFC東京の選手がずらずら座ってるんだよね~。前半で順調に香川が美しいゴールを上げ、後半に突入。……と思ったら、秀人が出るじゃん。おぉ、こっちがドキドキするよ。
 でも、さすが!無難にちゃんとこなし、ときどきゴール前まで駆け上がったりして、なかなか良かったのでは。明日のワールドカップ最終予選のメンバー発表、ちょっと楽しみにしちゃおうかな;-)

5月22日(火)

 なんか昨日の興奮と疲れでぼんやり~。
怪鳥さんは、昨晩もけっこう遅くまで科学館で日食写真を整理したり、いろいろな作業に追われていたみたい。今朝もふらふらしながら出勤していった。気をつけてねー。

 義母が「網戸を貼りかえたい」と言うので、いっしょにホームセンターへ買い物に出かけた。
網戸コーナーにはけっこう主婦が多くて、みんな母と同じテレビ番組見たのかしら。

5月21日(月)

120521

 川崎に行ったけど雲が多かったので、結局、府中の自宅に戻って金環日食をみました。
でも、怪鳥さんも川崎で、奇跡的に雲が切れてシッカリ見えたそうです。よかった。

 写真は、付け焼き刃なのであんまりうまく撮れてないです。
(保険的おさえとして、前夜に怪鳥さんからカメラ操作を教わり、オートで撮影・笑)  まぁ“記念”ってことで♪

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1342 sec.
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30